スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無乳逆流れ ~裏話的な何か前編~

週マス21位ありがとうございます。


ピジャPのいかれた絵のおかげで、自分の力は皆無だと思うけど嬉しい限り。

ということで、遅ればせながら解説なぞ。
【始動編】
作品決定はピジャPから、
「無乳逆流れとかどう?」
と提案があってデス。

ピジャの画力で『シグルイ』とかそれだけでwktkもんでしょ?
加えて「若本の朗読CDがあって、それを使えないか?」ときたもんだ。

ちょうどその頃、ピジャPが『霧の中』の1本目をあげてたので、

若本ボイス+ピジャイラスト+『霧の中』のような演出

この図式が既に出来てた。


【設定編】
キャラクターに関しては、動画内でもいくつかご指摘いただいてますね。
「千早と美希が逆ではないか?」と。
ただ、“千早=伊良子”は、タイトルの時点での絶対の柱です。
これは譲れない。

そこから、メイン4人で一番のキチガイは誰だ?とか、それに対する黒さを出させておもしろいのは?とか相談しながら他のキャラをあてはめてった形。
紆余曲折あったし、年齢とかおかしいけど、結構おもしろい形になったんじゃないかなと。

ちなみにカットしたけど「忠長=社長」「三枝殿=小鳥さん」。
設定だけで言えば、舟木兄弟は原作にはいないけど「ぬふふぅ」な感じ。
同じく原作にはいないちゅぱ右衛門はまk(ry


【構成編】
元の朗読CDは57分あって、今回使用音声は28分。
結構カットしてる。
二人で原作本買ってきて、ボイチャで大まかにどこ切るか決めて、そっからピジャの進捗にあわせて細かく切り詰めた感じ。
この辺、原作と見比べてもらうといいかと。
例えば伊良子の修行話はまるまるカットしてるし、6章なんかも御前試合以外のシーン切ってるし。

あ、『シグルイ』しか知らない人に言っておくと、『駿河城御前試合』の一幕でしかない『無明逆流れ』は34Pしかありません。
500P以上ある小説の全十一試合のたった一試合です。
それをあそこまでふくらましてる山口はすごいとしか言いようがない。
(『がま剣法』など他の話も含んでるとはいえ)


とここまで、ざっと本編作成前の段階をまとめてみた。
次回はてつろ~さんのしょぼいOP解説だよ^^

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。