スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AKB0048についてまじめに書いてみる2

ども、てつろ~です。
前回、AKB0048を応援するためにエントリ書いてる途中で飽きたけど、続きを書こうかと。
今回は「なぜAKBなのか?」、これについて書いてみる。

もちろん、秋元康側が「AKBでアニメ作ろうぜ!」とか言い出したからに他ならないわけだけど、そこでマクロスの河森正治に任せるあたり、秋元側も普通のアニメ作ろうと思ってなかったろうし、河森も普通のアイドルアニメなら受けなかったと思う。

だって、舞台が現代でAKB(CV:AKB)に憧れる女の子たちがAKBになるアニメとか見たい?
それなら他のアイドルアニメで事足りるし、AKB的にはドキュメンタリーで十分でしょ。

でも、この“憧れる対象=AKB(CV:AKB)”に関しては秋元側は考えてたかもね。
ただ、これやったら、今見て支持してる層も見なかったんじゃないかなぁ。
そして、それだけはやっちゃダメだろって河森もわかってたからこその“襲名制”ではないかと。

襲名制;
0048は舞台が“星歴0048年”(宇宙世紀みたいなモノと思いねえ)
当然、オリジナルのAKBの人たちはもういないわけだけど、歌舞伎とか落語みたいにオリジナルのAKBの名前を襲名してる制度をとってる。
全然関係ないけど、「じょしらく」の声優交代を二代目襲名扱いにしたのはうまいよね。


この襲名制のおかげで「13代目 前田敦子(CV:沢城みゆき)」って形が取れるわけだ。
この部分をあげつらって「声優で釣ろうとかずるい」って意見もあるだろうけど、むしろ阻止限界線ですよ。
制作側もアニメ好きな層に見て貰いたいんだろうしねぇ・・。
再三言うけど、「前田敦子(CV:前田敦子)」なら俺も見なかったよw

逆に「AKBに憧れる女の子達」の声優をAKBメンバーにしたのは、引き替え材料ですよね。
彼女たちがストーリーではメインなので、実際に声聞くのはこっちの方が多いんだけど。
河森的には「実際にAKBの中で揉まれてる子じゃないと出せない部分がある」としての起用らしいが、建前なのか本音なのかはわからん。

正直、うまい子と下手な子がいる。
キャラ名で言えば、ちえり(青髪ロング)、おりね(桃髪ロング)はうまい。次いで友歌(金髪ツインテ)、かなた(赤髪ポニテ)かな?
あとは、まぁ・・ガマンしてw俺は慣れた!
だいたい、これまでの河森作品、下手くそ新人とかたくさんいるじゃん・・。
今でこそ、みんなうまくなったけどさ・・。

で、だ、ここまで書いたのは「AKBである理由」だけど、河森はちゃんと「AKBじゃないと成り立たない話」にしてる。
よく「AKBじゃなかったら見るのに」「AKBである必然は?」なんてみかけるけど。

って、ところで次回に続く!

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。