スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AKB0048についてまじめに書いてみる3

ども、てつろ~です。
今日も今日とて『AKB0048』(GYAOで一期全話無料配信中)のエントリを。
さて、今回は「AKBである必要性」についてを。

そもそもAKBってなんぞや?っとこなんだけど、現在の日本でトップの女性アイドルグループってことに異論はないかと。
「売れてても聞いたことない」とか「誰がいるの?」とか「握手会商法乙w」とか色々あるだろうけど、知名度(←ここ重要)に関してこれに勝ってるアイドルグループは今ないでしょ?

知名度がある故に、色んなものの説明がいらないよね。
例えば「AKB48を題材にしたアニメです」、この一文見たら、殆どの人が「アイドルアニメか」ってわかるじゃん。宇宙で戦ったりするとは思わないだろうけどw
これが「アフィリアサーガイーストを題材にしたアニメです」だと、アフィリアサーガイーストの説明からはじめないといかんでしょ。(アフィリアファンの人、ごめんなさい)

そして、AKBに詳しくない俺でも、
・秋葉原で活動してるらしい
・握手会をやるらしい
・総選挙をやるらしい
・以前のセンターは前田敦子でやめたらしい
・大島優子ってのも人気らしい
・秋元康が詩を書いてるらしい
・恋愛禁止らしい
くらいは知ってるわけで、このレベルなら軽く説明するだけで劇中扱えるよね。

このあたりを河森正治は、ただ単に劇中に出すだけじゃなくて、重要な要素として取り込んでる。
それによって「AKBだからこそできる作品」にちゃんとしてます。
恋愛禁止のくだりとかよかったし、二期のメインになってくる総選挙とかいくらでも熱くできる部分だし。

あとAKBの楽曲を使えるのは、AKB題材の作品ならではだよね。
いや、俺もわからん曲多いし、逆にどっかで聞いたことある曲ってのも多いし、やっぱり一から作らなくていいのは制作的な意味も含めてでかい。
歌詞引用するにしても、既存曲から引っ張ってくる説得力ってのは、その曲を知らなくても大きいよ。

「んなこといわれても、AKBの曲でしょぉ?」って言いたいだろうけど、既存曲使ってやるミュージカルみたいに考えたらいい。
例えば『マンマ・ミーア』なんてABBA縛りだけど、じゃぁABBA知らない人は見ないのか?ってとこじゃん。
で、歌詞を脚本の一部に取り込むわけでしょ?そんな感じですよ。

ちなみに、これから見る人は4話で『初日』って曲が出てくるんだけど、その曲に注目するといいと思います。
由来を聞くとファンの人は長く語る曲みたいだけど、「なかなかステージに立たたせて貰えなかった子がついにステージに立つ日が来た」って曲だと思えばよいです。

そんなとこかしらね。
以上をもって「AKBである必要性」に・・なってるのか?
ま、いいや。
少なくとも「AKBだからできること」の説明にはなってるんじゃないかなぁ・・なってればいいなぁ・・でも、かくg(ry

じゃ、次回に続く!

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。