スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AKB0048についてまじめに書いてみる4

ども、てつろ~です。
二期が昨日では関東ではじまり、今日から関西ではじまる『AKB0048』だけど、やっぱり「AKBアレルギー」的な反応はぬぐい切れない。
これはもうコンテンツの抱えてる宿命だからどうしようもないよね。

で、今回は、正直、設定による敷居の高さをなんとかするために、色々用語解説的なモノをしてみようと思います。
基本的な用語解説は公式サイト参照



1.『芸能禁止』
この設定は「そういうもんなんだ」って感じで受け止めてるんだけど、ただのディストピアですよね。
「華氏」とか「リベリオン」の焚書のかわりだと思ったらわかりやすい。
てか、みんな、ディストピアもの好きでしょ?

だから、彼女たちは体制側(デス軍も体制側)から見たらテロリストです。
彼女たちの正当性を訴えるには、少し「芸能禁止」の悲惨さの描写は少ないけど、禁止してる惑星がことごとく生活レベル低いので、ファンタジーとしてはそれで十分な気もします。

2.『襲名メンバー』
既存のAKBメンバーの名前を襲名してる子達ですけど、ようは一軍。
人気も実力も戦闘力も群を抜いてるわけ。
声優は本職声優揃い。

誰が誰ってのは、見てて覚えれる範囲だけ覚えたらいいと思う。
今のところ、ドラマに噛んでるのは、先代あっちゃん、ゆうこ(亜美みたいなの)、たかみな(緑リボン)、+さえ(緑ショート)くらいだし。

ちなみに、一期1話冒頭の4年前のランカスターライブ後、引退してるのがあっちゃん、マリコ様(ツバサさん)、先代さえ(ロボ乗ってた)。
襲名したのが現さえ一名だけかな。
ステージシーンの9名以外も襲名メンバーはいるぽだけど、名前は不明・・でいいんだっけ?

3.『研究生』
襲名目指してがんばってるアニメの主人公たち二軍。
現状、75期生、76期生、77期生がいる。
声優は基本的にAKBとかSKEとかNMBとか。

アニメメインキャラは75期生全2名+77期生全7名の9名。
77期生オーディションからはじまり、彼女たちがステージに立つまでが一期、そこから時間が経過してステージもすっかりこなしてる状態が二期のはじまり。
一期と二期の間の現実時間五ヶ月がうまく彼女たちの現状にフィットしてると思う。

4.『76期生』
7人いるけど、誰もメインキャラじゃないって本当の意味で不運の期。
14話の宴会場には居たけど、彼女たちの研究生公演とかやってるのかなぁ?
そういえば、石原夏織、高森奈津美あたりが声当ててるキャラもいたんじゃいっけ。

1人だけ9人に食い込んでた上に、僕っ子とか色々キャラもたってたけど、あの子、どうなっちゃうんでしょうね・・。
たぶん、77期生が初めて目にする引退担当なんじゃないかとか思ってるんだが・・。

5.『ハートマーク』
目とか髪についてるハートマーク、気になりますよね?
あれ、「アイドルの資質」みたいなものらしいです。

一般人はもちろん、3話のオーディションのシーンも現77期生以外は誰もついてない。
これが引退すると星マークになるみたいで、ツバサさん、先代みぃちゃん、ともちんファミリーについてる。
ちなみに1話冒頭のランカスターライブでは、ツバサさんはまだ現役なのでハートマークですね。

コレ踏まえて一期見直すと面白いよ。


他にもあるけど、この辺だけわかってたら十分じゃないかなぁ。
WOTA(ヲタ)がなんの略称で、どういう由来かとかいらんでしょw

じゃ、次回は14話の感想ですね!

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。